Blog | 04 Jun 2024

インサイト 世界の建設市場トップ5

Nicholas Fearnley

Head of Global Construction Forecasting

世界の建設活動は、建設コストの高騰、中央銀行による政策引き締め、中国の不動産不況の影響により、インフラ刺激策による建設活動の利益が相殺され、2024年も停滞を続けている。しかし、成長の兆しが見られる地域もあり、アジア新興国の力強さやサウジアラビアのギガプロジェクトの影響が地域の状況を変え続けています。このような背景から、今後15年間で最も急成長すると思われる建設市場トップ5を特定しました。

5. Vietnam / ベトナム

強力な人口動向、堅調な外国投資、2050年までに「高所得経済を有する先進国」となるという計画により、ベトナムは引き続き建設市場において最も急成長している国のひとつであり続けると予測される。政府は住宅に多額の投資を行っており、2030年までに少なくとも100万戸の社会住宅を建設することを目指している。ベトナムはまた、米中間の緊張とそれに伴う中国からのサプライチェーンの転換からも恩恵を受けている。外国投資は建設活動の成長の多くを支えており、ASEAN包括投資協定(ACIA)や地域包括的経済連携(RCEP)を含む様々な国際協定によって支えられるだろう。現在進行中の汚職取り締まりにより、投資家や官僚の間で慎重さが増しているが、これは徐々に沈静化すると予想される。

4. Indonesia / インドネシア

インドネシアの首都がジャカルタからヌサンタラに移転することにより、インドネシアは引き続き急成長する建設市場のひとつとしての地位を維持することになるだろう。新たな首都の建設工事は2022年に始まり、2024年8月17日に正式にインドネシアの首都となる予定だ。建設は少なくとも2040年代まで続く見込みであるが、外国人投資家はこの都市の資金調達に対して依然として消極的である。そのほか、政府は土地調達を支援する大統領令19/2021100万戸計画などの政策を通じて、建設活動を支援し続けている。

3. Bangladesh / バングラデシュ

人口の増加、急速な都市化、そして2041年までに「先進国で豊かな国」になるという目標が、バングラデシュの建設活動の成長を促進すると予測される。インフラ整備は、中国、日本、インドをはじめとする主要パートナーからの外国投資によって引き続き加速しており、その結果、住宅プロジェクトの新分野が開拓されることになるだろう。非住宅建築活動は、2030年までに100の特別経済区を開発するという政府の計画によって支えられており、現在そのうちの97が承認されている。バングラデシュは洪水の被害を受けやすく、淡水の備蓄も少ないため、気候変動リスクの影響を受けやすい。気候変動への適応には、新しいインフラと既存のインフラの両方の耐性を高める必要がある。

2. Philippines / フィリピン

今後10年間で生産年齢人口が年率1.5%増加するという人口動態の見通しは非常に好ましく、フィリピンは今後15年間で2番目に急成長する建設市場となるだろう。政府の官民連携(PPP)イニシアチブと長期的な投資家の信頼の向上は、今後15年間の投資、ひいては建設活動を支えるだろう。土木は最も急成長するセクターとなり、政府が「Build Better More(より良い建設を)」プログラムを通じて「Build, Build, Build(建設、建設、建設)」プログラムを継続してインフラに多額の投資を行う中で、活動レベルは倍増する見込みである。フィリピンは、海面上昇、海岸浸食、洪水、熱帯サイクロンの影響により、気候リスクの影響を非常に受けやすいと考えられている。

1. Ukraine / ウクライナ

ウクライナでの戦争により、戦時体制に移行した経済の中で建設活動が大幅に減少した。戦争の帰趨は依然不透明だが、建物やインフラの大規模な再建が必要であり、その規模は数千億ドルに上ると推定される。すでにこの作業の一部は始まっているものの、ウクライナの建設活動のレベルは紛争前の水準をはるかに下回っている。この再建の規模の大きさと、現在進行中の活動が比較的低水準であることから、ウクライナは今後15年間で最も急成長する建設市場のトップに位置するだろう。

無料トライアルのお申し込み

フリートライアルは弊社サービスのご導入検討を目的にご提供しております。
フリートライアルによって得られた情報の、社内および社外資料への掲載・利用には、正式なサービスご契約が必要となります。

※オックスフォード・エコノミクスのサービスは法人向けソリューションです。個人・学生からのお申し込みは承っておりません。
※フォームにご入力いただいた個人情報は安全に管理され、第三者に提供されることはありません。

You may be interested in

Post

APAC Global Construction Outlook Chartbook

Discover the latest insights into the upgraded global construction outlook with our exclusive chartbook. Delve into visual representations of key data points and trends to gain a comprehensive understanding of the industry's growth trajectory in 2024 and beyond.

Find Out More

Post

Sizeable backlog supporting European building construction activity

A substantial backlog of work is supporting building construction activity in the face of falling permits. Building companies in the EU report a 11.5-month backlog of work, up from an average of 9.5 months in the decade before the coronavirus pandemic.

Find Out More

Post

Key Global Construction Themes 2024

Global construction activity is forecast to fall over 2024. In this context, we have identified 6 themes that we think will dominate the narrative of the construction sector over 2024.

Find Out More